第6回仕掛学研究会

日 時:2019年2月17日(日)13時〜17時
場 所:大阪大学中之島センター 講義室406
参加費:無料

プログラム

第1部(13:00〜14:45)

時間 講演タイトル 著者名
13:00〜13:05 オープニング 松村 真宏(大阪大学)
13:05〜13:25 展示物のないミュージアムのデザイン:福井謙一生誕百年展における数式写経の仕掛け 塩瀬 隆之(京都大学)
13:25〜13:45 Embodied Celebration for Human-Centered Health Behavior Change 鈴木 絵美子(アイリーニ・マネージメント・スクール)
13:45〜14:05 見えざる人の存在を想起させる仕掛けによるポイ捨て抑止実験 山根 大路(大阪大学),松村 真宏(大阪大学)
14:05〜14:25 ペットボトルのキャップを分別したくなる仕掛け~親和女子高等学校・親和中学校の食堂における分別状況の改善~ 片野 遥香(親和女子高等学校),下江 真帆(親和女子高等学校),村瀬 希美(親和女子高等学校)
14:25〜14:45 大手前高校でごみ分別を促進する仕掛けをつくる 香西 真帆(大手前高等学校),栁下 知子(大手前高等学校)

第2部(14:50〜17:00)

時間 講演タイトル 著者名
14:50〜15:10 自転車バンク:放置自転車を減少させる仕掛け~選択肢提示による間接的な注意喚起の効果検証~ 高島 直駿(大阪大学),松村 真宏(大阪大学)
15:10〜15:30 属性別に見る同調効果 福岡 奨鯉(近畿大学),吉田 遥香(近畿大学),山口 ひな(近畿大学)
15:30〜15:50 机上の片付けの促し方法とその効果について 小笠原 聡大(東京エレクトロン宮城),郷古 学(東北学院大学)
15:50〜16:10 認知症予防のための鉢植えロボットの開発 石墨 渚沙(東北学院大学),郷古 学(東北学院大学)
16:10〜16:30 “消費者の行動に変化を起こす”仕掛け開発 町田 崇(花王)
16:30〜16:50 真実の口を模した仕掛けによる病院来訪者の手指衛生行動への介入 森井 大一(大阪大学),松村 真宏(大阪大学)
16:50〜17:00 ラップアップ