第5回仕掛学研究会

日 時:2018年11月24日(土)13時〜17時
場 所:大阪大学中之島センター 講義室406
参加費:無料

プログラム

第1部 フィジカルな仕掛け(13:00〜14:50)

時間 講演タイトル 著者名
13:00〜13:10 オープニング 松村 真宏(大阪大学)
13:10〜13:35 行動変化のサービスデザインと仕掛学 武山 政直(慶應義塾大学)
13:35〜14:00 特定保健指導の参加率向上のための対象者タイプ分類および勧奨リーフレットデザイン設計 武良 盛太郎(オムロン株式会社)
14:00〜14:25 ミニテストの提出や出席確認についての仕掛け 水野 隆文(名城大学)
14:25〜14:50 自動紙飛行機織り機を用いたアンケートに答えたくなる仕掛けとその効果 松村 真宏(大阪大学)

第2部 デジタルな仕掛け(15:00〜17:00)

時間 講演タイトル 著者名
15:00〜15:25 対話型サイネージによる行動変容喚起実験について 荒川 豊(奈良先端科学技術大学院大学/JSTさきがけ)
15:25〜15:50 暖房制御と見える化システムを備えた省エネサポートシステムの開発 中村 美紀子1,鶴崎 敬大1,平山 翔1,ユウ ローリン1,中村 充2,菊地 準2,徳田 彩佳2(1 株式会社住環境計画研究所,2 北海道ガス株式会社)
15:50〜16:15 批判的なウェブ検索行動を促す検索キーワード推薦 山本 祐輔(静岡大学)
16:15〜16:40 駅・電車内に設置されたデジタルサイネージにおいてフックコンテンツとして放映される時事情報の効果に関する分析 白水菜々重1,2,山本崇1,松村真宏2(1 JR西日本コミュニケーションズ,2 大阪大学)
16:40〜17:00 ラップアップ